30代無職が書くブログ

37歳無職男が過去を振り返ったり現状を述べたり

昔作ったHPやブログ その3

(前回からの続き)

 

 次のブログは2018年の10月に開設しました。最初はちょうど現在のこのブログと同じように『過去の話』や『ニート・無職生活に至る経緯』などを記すブログとしてスタートしました。(そのブログでははてなブログではなく別業者の無料ブログサービスを使っていました)

 過去話やニート・無職の話なんて最初の1~2ヶ月で尽きてしまいます。ということでそのころの趣味である『折り紙』の作品や、2018年12月から再開した趣味の『音楽』なども、メインコンテンツに近い扱いで記事にするようになりました。

 最終的には2019年(7月ごろだったかな?)に、またも「急にやる気がなくなる・飽きる」というクセが発動し、ブログ閉鎖・削除、さらにバックアップとしてとっておいた記事データもすべて完全削除しました。

 

(そのブログのデータを消してしまったのは、今思うともったいなかったですね。現ブログの『ダメ人間』や『過去の話』といったカテゴリーの話は、ほぼ全てそのブログに載せていた記事の焼き直し的なものばかりです。そのブログを更新停止状態でもいいので残してしておけば、今のはてなブログにそのまま移行できたのですが……。)

 

 その後2019年6月から11月の間に少なくとも3つのブログを作りました。『自作音楽を載せるブログ(1つ目)』『自作音楽を載せるブログ(2つ目)』『無職ダメ人生を自虐するブログ』の3つですが、どれも1週間も経たぬ間に飽きて、すぐに閉鎖・削除という流れになりました。本当にこの時期はブログに限らずいろんな物事にすぐ飽きる生活をしておりました。

 

 そして12月1日、ようやくはてなブログ(無料)で現ブログを開設することになりました。しかしさすがに『飽きたらすぐ消し、ブログ自体を無かったことにする』というのにも自分で嫌気がさしてきているので、現ブログに関しては(たとえ飽きて更新しなくなっても)一応残しておこうかな、と思っております。

 

 振り返ってみると全体的に「やはり私は飽きっぽいんだなぁ」ということと、「目の前のものを消して無かったことにしたがる」という逃げ癖が見て取れますね。あまり興味の幅が広がらないわりにひとつのことが長続きしない、しかも物事の畳み方が下手というのは、いつまで経っても変わらない私の悪癖なのかもしれません。